スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロントスプリング&ブレーキパッド交換

さて前回のローダウン続きで今回はフロント部分交換!!

まずは不安定になるのでジャッキなどで支えてあげます。

重みでカウルが割れないようにボディーを支える部分にはウエスや

板など噛ませておくと安心ですね。

フロントフォークはカバー類を外す事無く交換できるようなので

まずはタイヤ外し。

DSCF8064.jpg

フロントフォークを留めるボルトもリアに比べたら全然固くないので

メガネレンチで楽勝です。

DSCF8067.jpg

フォークカバーを剥がそうとしてへし折っちゃいました><

次はスプリングを取り出しますが、構造は以前オーバーホールしたZXと

ほぼ同じだったので、手が3~4本あれば簡単にできます。^^;;

左手でフォークが沈み込まないように握りながら、右手で適当な工具で

押し込めます。

工具(私はT字のレンチを使いました)で押すとリングが見えます。

この状態のままリングを少し捻りながら外してあげるだけでOKなんですが

どうしても手が1本足らない><;

ここで嫁さん登場!!ZXの時も頼んだのですんなりできました。♪♪

DSCF8080.jpg

スプリングを取り外し一応1万キロ走ってる車両なのでフォークオイルを

交換してみます。手前がデイトナスプリング。2cmぐらい短いかな

DSCF8069.jpg

それほど汚れて無いですね^^

DSCF8077.jpg

抜いた分と同じ量を計り入れていきます。

DSCF8078.jpg

2本同じオイル量になるようにフォークを一杯に縮めスケールで計り

調整していきます。説明書には8.9mmと書かれてました。

まあ性格上アバウトでOK!!となるわけですが・・・

後は逆の手順で組み上げて完成。


お次は握るとひっかかりが出てきて調子の悪かったフロントブレーキに

手を付けていきます。

ブレーキパッドを外し中を見てみると・・・

DSCF8068.jpg

汚れが凄い>< これでひっかかりができてたですねー

ブレーキクリナーをぶっかけて綺麗にしていきます。

3本のピストンはブレーキを握る事でニョキッと出てきます。真ん中は

後輪ブレーキを握る事で出てくるのでコンビブレーキ用なんですね~

汚れを綺麗に取ったら、シリコングリスなどでグリスアップをし

ピストンを一杯に押し込んでおきます。それほど固いわけではないので

指でも可能。古いパッドで押し込んでも良い良いかも。

パッドはまだ使えそうだったけどせっかく買ったし交換していきます。

DSCF8102.jpg

今回購入したのはPFP ブレーキパッド

値段も手頃で中々評判が良いみたいなので購入してみました。

一応面取りをし組み付けていきます。

DSCF8101.jpg


注意!!ブレーキを組み付けたら必ず前後ブレーキレバーを重みがでるまで

ニギニギするのを忘れずに!


ピストンが出てないのでスカスカで、あれ~~~っとなっちゃいます。


これで作業完了!!

ローダウンその他で4~5時間かかったでしょうか。急いでやれば

もっと早く可能かもですが、貴重な楽しい整備時間をコーヒー飲みながら

まったりやるのは何とも幸せな気分になります。

できる事ならいつかは趣味専用ガレージが欲しいものですね・・・


DSCF8112.jpg

見た感じは少し下がったかな?って感じ

DSCF8108.jpg

乗ってみると結構ゴツゴツします^^;;

だたノーマルに比べギャップの後の収まりが早いし安定が良いので

乗りにくくなるわけではないですねー

2ケツは思いの他安定してノーマルより運転しやすく感じました。

ブレーキパッドは初め少し鳴きがあります。

もうすぐ寒くて乗れなくなっちゃうのが残念だな~~
スポンサーサイト

フォルッツア ローダウン リア&センスタ交換

最近一気に寒くなりだしましたが、今頃のバイクネタを・・・

2年前に乗り換えたフォルツァですがマフラーまで交換した後に

冬眠。春になったら動きだすぞおおおっと思っていた矢先に

あの震災。。。。

昨年は1度も跨る事無く、仕事も落ち着きだした今月から再始動です!

まず手始めにローダウンから。

どれにするか悩みましたが、2ケツする事も多いので大陸産は除外して

安心のデイトナローダウンキットに決定!!

DSCF8010.jpg

ウェビックさんの創立記念セールで安く購入できました^^


早速取り付け開始!!

まずはリアショックを取り外しにかかりますがフォルツァはカバーを

外さないでできるとの事。簡単ですね♪♪

DSCF8012.jpg

んがっ。。。。下ボルトは外れるが上ボルトは固てええええ

センタースタンドが下りるぐらい力を入れてもびくともしない・・

マフラー側はまだしも、駆動系側は作業スペースが無く苦しい

これはあれだ・・・おもいっきり力を入れて回そうとして工具が

外れて手を角にガーーンッてぶつけて出血するパターンだわ!!

カバー外した方が絶対早いし安心だ・・・

DSCF8015.jpg

外し方はいつものこちらのサイトが丁寧にわかりやすく載せてくれているので助かります。

あとはインパクトでガンッと回して簡単安全ww

DSCF8016.jpg

ショックを外すとタイヤが下まで落ちるので適当に物を噛ませておくと

取り付けの時に楽にできまますよ^^ 

DSCF8019.jpg

カバーを元に戻して完成

DSCF8023.jpg

さて次はサイドスタンド交換。今回は以前からやりたかったサイドスタンドを

下ろすとエンジンが止まる機能を解除していきたいと思います。

まずは再利用のためスプリングを外しアンダーカバーを外し

DSCF8028.jpg

サイドスタンドをとり外し

DSCF8031.jpg

あとは組み治しついでに解除してきますが

ストップ機能解除は簡単にできますが安全機能ですので各自で

サイドスタンドスイッチの解除 などで検索してみるとすぐに見つかると

思いますよ^^

DSCF8035.jpg


次回はフロントスプリング交換&ブレーキパッド交換編

スピカー続きパート2

だいぶ間が空いてしまいましたが、やっと仕事が一段落したので

続きを書いてみたいと思います。

ただもう3ヶ月前の事なので、はしょって書きますw^^;;


さて前回はグリルに穴を開けてみた所まででしたが、さすがにそのままじゃあ

見た目が悪い・・・何かないの?っと検索してみると楽天で発見!!

値段もリーズナブルで4つ購入!!

DSCF5033.jpg

早速取り付け開始

サイズはほぼ合ってるのでグリル回りを良く切れるカッターで切り抜き

DSCF5034.jpg

バリを取ってあるていど綺麗にして、ドリルで穴あけしネジ留め

DSCF5039.jpg

でこんな感じで4枚完成!!

DSCF5040.jpg

そのまま取り付けてるのももったいないので、ついでにLEDを仕込んで

光らせるようにしていきます。

お得意のエーモンさんのLEDと延長配線&分岐配線を使い

DSCF5053.jpg

ラインイルミのコントローラーに増設機をつないでドア4枚分とラインイルミを

点滅させたり消せたりできるようにしました。

DSCF5057.jpg

LEDは延長の配線を配線通しを使い室内に入れていきます。

この作業も慣れてしまい、あっという間にできちゃいました。^^;;

DSCF5055.jpg

DSCF5086.jpg


装着!!

DSCF5060.jpg

昼でも結構目立ちますが夜間は更にムーディーな雰囲気になります。

DSCF5068.jpg

ラインイルミと連動して光ります。

DSCF5067.jpg


DSCF8093.jpg


これで完成!!

早速、嫁&娘に「これ綺麗だろ?」と見せてみましたが二人の感想は

でっ??光って何の意味があるの・・・・

でって言うなあああああああ  TT

ったく女はつまらん!!

長男が久し振りに帰って来た時は車に乗るなり、おおおこれ凄いね!!っと

言ってくれたのだけが救いです。。。。

スピーカー続き

何かと忙しく間が開いてしまいましたが、前回の続きを

1ヶ月前の事だから忘れかかってますが。。。。

スピーカーを付けたまでは良かったが音がイマイチだった訳ですが

もしかしたら中途半端なデッドニングのせいなのかも?と思いネットで

色々検索してみましたが、沢山の素材がありあの素材が良いとか悪いとか

はっきり言って訳がわからないww

金額も結構するし試しに購入して音が悪くてもリスクが大きい。

ならばエーモンさんでお勧めのものを購入した方が安全と思い取り付けて

みました。

テープ状制振材

DSCF5026.jpg


吸音シート

DSCF5030.jpg

早速作業開始、ビニールシートを外し残ったプチリルを綺麗にしていきます。

ここで、シマムラに早く行きたくてウズウズしていた嫁に手伝ってもらいw

DSCF5023.jpg

ヘラで掬って残った箇所はガムテープでペタペタ、最後にパーツクリーナーで

意外と簡単に綺麗になりました。

DSCF5025.jpg

後はテープ状制振材を張りサービスホールを埋めます。

DSCF5027.jpg


お次は内張り裏に吸音シートを張り完成!!

DSCF5029.jpg


早速内張りを戻し音を聞いてみます。

ぬおおおお!!苦手な低音が締まって聞こえます

ドーーーンーー だったのが ドーンッ!て感じで聞きやすい

んがしかし・・・・高音はまだ澄んでない。クリアじゃない

内張り張る前に聞くと良いんだけどなあ

もしかしてスピーカーグリルが邪魔してるのか?と試しに穴を開けてみると

ぬおおおお良い!良い感じ。

って事で次回はグリル穴開けじゃみっともないからグリル加工&LEDで

細工した様子を書いてみたいと思います。







セパレートスピーカー取り付け

前回の続きです。

スピーカー取り付けなんて何年振りなんだろう・・・・

前車はM君がやってくれたからレガシー以来か。って事は

7年?8年?振りか。

しかし今はネットがあるし検索すればちゃんと情報があるんですよね~

便利!!って事で早速取り付け!まずは内張りを外す。

フィットは簡単なので詳細は検索して下さいw

サクッと内張りを外し純正スピーカーも外し、その中にエーモンの

吸音材?を貼り着け。

DSCF5017.jpg

デッドニングは初めてなのでどんな効果があるのか楽しみです^^

次にインナーバッフル装着

DSCF5011.jpg

ネジで留めるだけなので簡単です。ただ強く締めすぎるのは危険

木材なので割れるかもです。

次はツイーターの配線を車内に通します。

自分の場合はクロスオーバーネットワークをドアに置くのが

心配だったためネットワークも車内に置くようにしました。

調整するのにいちいち内張り外すの面倒だしね^^;;

線の引き込みにはエーモン 配線ガイドを使います。

DSCF5005.jpg

このゴム部分の中に線を通せばOK!!

ゴム自体は簡単に外れるけど作業スペースが狭くてイライラするので

車内のカプラー外して引っ張り出しちゃいましたw

上の白いカプラーと下の緑カプラー(運転席側)

DSCF5003.jpg


DSCF5007.jpg

後は配線ガイドにシリコン油でも付けて引っ張るとあっさり通ります。

DSCF5008.jpg

カプラーとゴムパッキンを元に戻したらツイーターの配線を車内に通します。

ダッシュボードに穴を開けるのは嫌だったので、取り合えずここに通しました。

ツイターの画像撮るの忘れた。^^;;

DSCF5013.jpg

後はネットワークやツイーターに接続して終了!


助手席側も同じように作業します

DSCF5004.jpg

DSCF5014.jpg

最後にスピーカーを取り付けて防音テープを張り完了

DSCF5012.jpg

作業しながら試し聞きをした感じは中々良い感じがしました。


いよいよ内張りを戻しマックスで聞いてみます♪♪

ああああれ???

なんか音が澄んでない・・・ABの視聴ブースで聞いた音とは

程遠い音。何というか確かにボーカルはっきりなんだけど全部が主張しすぎてて

雑音に聞こえます。デッキのせいなのか?

イコライザーを弄ってもしっくりこない。中途半端なデッドニングのせい?

うーーーむ納得行かない!こうなりゃ納得行くまでやるしかないww

って事でまだまだ続きます・・・・


などと悩みながら駐車場で作業してると、聞きなれないバイク音が??

あれ?あのジャージ上下はKさんじゃないか!


新車が来たよー♪DSCF5072.jpg


隼を下に入れてZX-10Rってすげええええ


DSCF5073.jpg

つうかフィットと値段たいして変わらないだろこれ!!

軽く跨ってみたけど1000CCとは思えないぐらい超軽い・・・

良いバイクだなー


俺も子供にお金がかからなくなったらニンジャ650が欲しいと

思ってはいるけど・・・・・宝くじでも買いに行こうかね・・・
NEXT≫
プロフィール

ko

  • Author:ko
  • 岩手に生息する×1親父
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
カテゴリ
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。