スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZX最終回

長らく書き続けてきたZXシリーズもやっと最終回です。^^;

オークション購入からまともに動くまで、散々悩んで

もう部品取りにしうちゃうか!

と考えた時が何度もありました。

結局全てに手を入れてやっと普通に走れるようになってみると

これはこれで良かったのかもしれないと・・・・

良い勉強になったと 感じます。

愛着も沸くしね。

しかしこの夏の暑さと仕事の忙しさで、しばらくZXに手を加えてなかった。

暑さはまだまだ続いてるけど仕事が一段落したので、修理再開です。!!

と言ってもほとんど仕上げみたいな物でパーツの交換や取り付け。

まずはサイドスタンド

zP1000731.jpg

ちょっとしたお買い物の時などに非常に便利です。

そしてすすけた感じだったステップ部分やエアクリBOXなども塗装

zP1000723.jpg

これだけで結構新しく見えるようになりますよ。^^


今年は異常に暑いのでライト周りを涼しくブルーに交換。

zP1000747.jpg


こんな感じになりました。


zP1000753.jpg

ついでに艶がなくなっていたリア

zP1000751.jpg

こちらはクリアに変更

zP1000752.jpg

中々良いですね~

zP10007550.jpg


次はシート張替えしようかと物色していましたが、実は・・・


zP10007400.jpg

はいその通りです。


zP1000741.jpg

はいごめんなさい


zP1000737.jpg


^^;; と言う訳で次回新たな車種で!!

源チャリシリーズまだ続きそうです。(爆





スポンサーサイト

ZXパートⅥ

ZXシリーズもついにパート6まで来ちゃいました。

このバイクが来てからすでに1ヶ月半になりますがようやく

問題点が明らかになってきました。(遅

1つ目の問題は低速が無さ過ぎるという事でしたが、社外マフラーを

着けると低速がスカスカになる

という事があるそうです。

しかし私の場合はそれ以前の問題でした。

エンジンの回転数は上がってるのに走らない=駆動系の問題と考え

ウェイトローラーの調整をしてみたりプーリーを純正にしてみたりしましたが

解決さない。クラッチを確認してもクラッチシューは十分に残ってるし

センタースプリングもしくはトルクカムの磨耗?と思いばらしてみた。

zP1000704.jpg

トルクカム
zP1000707.jpg

問題無し。。。。

センタースプリングも特に、へたってる感じはしない。

(-ω-;)ウーンと悩みながらクラッチシューを触ってみたら凹凸がある。

(・_・)......ン? 何で? クラッチアウターも触ってみると、あれ?

zP1000713.jpg

溝がある

さらにアップ

zP1000717.jpg

こういう仕様なの? っといつものバイク屋さんに持って行き聞いてみたが

これじゃあクラッチ滑りまくりでしょー!!

と驚いた様子。「通常の使い方でアウターがこんなになるなんて見た事無い。」

シューが無くなり金属のまま走ったとかじゃなければ考えられない。とのこと・・・

再利用は無理なので純正のクラッチアウターとベルトを注文し帰宅。

シューはオークションでヤマシタ製を落札(左 右は旧純正

zP1000709.jpg

すぐに純正部品も届く
zP1000710.jpg

溝なんかありませんww

zP1000711.jpg

ベルトは1ミリぐらい減っていたので交換

早速取り付け

zP1000712.jpg

取り付けてすぐはアタリがでていないので、イマイチですが乗ってるうちに

どんどん出だしが良くなってきて解決です!!!

っがっ!!再び抱き付き発生。。。

2つ目の大きな問題が残っていました。

普通に走ってるだけなのに何故なのか?燃調は全てやった(つもり

もう一度見直しながら、オイルポンプをついでに外し清掃してみた。

zP1000725.jpg

とくに問題無し・・・・

エンジン側は少し汚れていたので綿棒で掃除

zP1000728.jpg

エア抜きも慎重にやり組み直し、チューブに少し劣化がみられたのでホームセンターで

耐油ホースを購入し交換

zP1000735.jpg

少し良くなったような気がしたがちょっと飛ばすと再び抱き付き。

もう他に見る所は、無い

いや、一つあった  マフラー

凄くお気に入りのマフラーだがバイク屋さんで言われた「純正マフラーが一番良いよ」

の言葉を思い出し、思い切って純正風マフラーを購入してみた。

zP1000733.jpg

KN企画 純正タイプマフラー(メイドイン台湾)

結果・・・・正解でした。(爆

出だし~中速は見違える程の加速をし最高速は純正メーター一杯ぐらいですが

いくら走っても問題の抱き付きは一度も無し。

音はデュークよりは静かですが純正よりは大きい感じ。

やっと完成です。

これでやっと普段の足に使えます。(毎日乗ってます^^;)

デュークはオークション行きかな~と考えながらも、あの形が好きで手放せない。。

一度試しでデューク+強化センタースプリング+強化軽量クラッチ装着して

走ってみたけど高回転で繋がり、鋭い加速で中々楽しめました。

まあ叉抱き付きで停止したので、すぐに戻しましたが。^^;;


(-ω-;)ウーン純正マフラーのあのストローみたいな排気口が嫌だ・・・

なんとかならないものかと、悩みながらZXでコンビニにアイスを買いに行く

日々を送っています。(今年暑すぎだろ!!)

ZXパートⅤ

今回はいよいよセッティングしながら初走行です。

不動車を購入した覚えはないんだけど、実質これまで動かせないで

ひたすら整備ばかりの日々を送ってきました。

マフラー装着しウエイトローラーは取り合えず合計40g。

メインジェットは85番で初走行。

ちょっとWR重すぎです。次に36g33gと落として行き速度も

メーター振り切りますが出足が鈍すぎ・・・

30gまで落としてみるか!などと考えながら流しているといきなり

エンジン停止・・・・(; ̄ー ̄)...ン?そんなむちゃな走りはしてないが

時間をおいてメインジェットを90番に上げ再び走りだすが再度エンジン停止

その後はエンジンから異音発生、マフラーも異様に熱くなり中止して

エンジンを開けピストン確認

zP1000680.jpg

やっちゃいました。。。。。

zP1000681.jpg

しかし今回走った距離なんて10キロも走ってない。しかも全開でエンジンを

回した時間なんて直線の200メートルぐらいでしかない。

何が悪かったんだ??

悩みながら傷の付いたピストンをペーパーで磨く。。。。

組み付け後日走らせてみるが、やはり途中で抱き付き発生

負荷をかけないように軽く流していても15分ぐらいで止まってしまう。

登り坂などではじょじょに速度が落ちていき、登りきりアクセルを弱めた途端

エンジン停止。 マフラーの音もかなりうるさい。

メインジェットを上げたり、ニードルクリップを濃い設定にしたりキャブでの調整は

ほとんどやったが全てうまくいかない。

オイルホースのエア抜き。オイル量調整。プラグ新品交換

その他も見直しエンジンポンプの詰まりを疑い清掃

zP1000718.jpg

特殊工具でしか開けれなくて慌ててホームセンターにポンプを持ち込み

サイズ合わせて購入。^^;;

zP1000719.jpg

しかし開けてみたら綺麗で異常なし

zP1000720.jpg

フィルターは少し汚れがあったのでタンクも外し掃除

zP1000721.jpg

しかし何も改善されなくて再び抱き付き発生。

ピストンはもう限界。ピンが破損しエンジン終了になるかもしれないと思い

ピストン新品交換
zP1000684.jpg

の、つもりがかなり焦っていたのか間違ってシリンダーセットを注文していた(汗

zP1000679.jpg

アルバシリンダーセット5600円だったかな?

これでピストン組み込むの何回目だ? もう慣れてきて作業開始から終了まで

早い早い。www

ピストンとリングには2stゾイルをたっぷり塗り塗り。

センター出しのキックは嫁に手伝ってもらい、バイクをウィリーさせて慎重に

ネジ締め。

その後は慣らしのため低速で走るが、益々出足が悪くなっていく。

緩い上り坂でスタートすると走り出せないで下がるし。。。

もう何をセッティングして良いのかわからなくなり、こんなバイク

捨ててやる!!


と思いつつネットで打開策を検索したり、友人N君(自動車修理工場長)に相談したり

バイク屋さんに修理に出した方が早くない?と言われたりしたが

そう言う問題じゃないから!

趣味で出口が見えなくなり悩む。これも叉楽しいではないですか。

机上の空論。人任せ。では何も産まれない。と思ったりするわけです。


などとちょっと余裕のある文章が書けるようになった今現在ですが

やっと灯りが見えて来たわけであります。

詳細は次回。問題点の発覚 駆動系&エンジン

おまけ 現在のZXのサービスショットw

zP1000692.jpg



ZX パートⅣ

前回、次回はセッティング編と予告しましたがそれ所では無い

状態に落居ってしまいましたので今回は塗装編にします。^^;;

このZXの塗装は白なんですが社外カウルや純正など3点の

パーツで構成されていました。

色が同じなら磨くぐらいで問題無かったんだけど、白、パール、

クリーム、黒モール、塗装剥げサイドモールとバラバラ。^^;;

当初は塗装はプロにお任せと考えていましたがパールホワイトで

見積もりしてもらうと、最高8万~10万 平均4~5万とZXもう1台

購入できる値段になってしまう。

これは自家塗装しかないとABS樹脂やPP素材への塗装方法をネットで

調べて早速塗装に入りました。

今回使用するのは

zP1000620.jpg

色々な素材の下地に使えるという、くっついちゃうシーラー

パールホワイトにはホルツ ホンダ車用

zP1000621.jpg

そしてクリアはネットで評判の良かった エアーウレタン

zP1000622.jpg

まずは600番ぐらいの耐水ペーパーで下地を作りながら小傷など凹凸を無くする。

水気をしっかり取り脱脂を行い、くっついちゃうシーラーを薄目に2回ぐらい。

温度が高かったせいかシーラーが直ぐに乾くので続けてパールホワイト下塗り

3~4回重ね塗り

zP1000618.jpg



1日~2日程乾燥させて、1500番ぐらいの耐水ペーパーで塗装ムラや

ザラザラを優しく取る。(なでるように)

水気をよく取り、しっかり乾いたら、上塗り3回程

zP1000619.jpg


zP1000641.jpg

この時点で結構艶が出るけど、肝心なパールはまだ隠れています。

次はウレタンクリアを塗るため、長めに乾燥時間を取ります。(3日以上)

塗料の素材が違うため、しっかり乾燥してからではないと喧嘩する事が

あるそうです。

ここでも1500~2000番の耐水ペーパーを使い優しくザラザラやムラを

取ってあげます。

せっかく艶が消えてしまいますが、心配無し。ここまでは艶より面の均一に気を使います。


そしていよいよクリア塗装に入ります。

ここでも3~4回の重ね塗りをしますが、初めは薄く均一に。

最後は厚く塗るのが上手く仕上げるコツなそうですが、私は失敗しました^^;;

仕事が終わってからの、夜間塗装なのでかなりムラが・・・・

それでもさすがウレタンクリア上手く塗れたパーツはこんな感じ

zP1000656.jpg

磨かなくても写りこみます。

そしてパールも綺麗に浮き出てきます。

zP1000647.jpg


ここから乾燥5~7日 寒い時期はもっと長いのかな?

最終仕上げはムラや垂れてしまった場所は耐水ペーパー2000番で

優しくある程度取ってあげます。

ここまできたら多少のムラなど見なかった事にします。

こだわりすぎると削り過ぎて1からやり直しになっちゃいます。

次にコンパウンドを使い仕上げていきますが、私の場合は磨きスポンジはX

着古した綿のシャツを指に巻きにコンパウンドを付けて磨く。

中目でかなり艶がでてきますが、更に仕上げ用コンパウンドを使用すると

zP1000673.jpg

こうなります。

近くで良く見るとだいぶ粗が見えますが、そこは艶で隠します。^^;;

最後にワッスクをかけて終了ーー

zP1000664.jpg

今回の塗装は80点 

反省点 明るい時間のある時に塗りましょう


次回はエンジン編を書きたいと思います。

ZX パートⅢ

最近は飯を食って犬の散歩が終わると、毎晩のバイクイジリが

日課になってしまいました^^;;

前回書いた不具合箇所のパーツなどなど、ようやく届き出し取り付け

始めました。

まずはカラカラ異音を出していたスターターピニオンギア

画像撮り忘れました^^;;

ヤフオクで中古購入(綺麗に掃除されていて良い物でした)

次に新品キャブ取り付け(高くついた

zP1000616.jpg

スカスカのリアショック

kyuu.jpg

何かないかオークションを物色していた所、クリッピングポイント製が

格安で出ているのを見つけ即落札。

zP1000629.jpg

んで、こうなりました。

syoltuku.jpg

ちょっと金色が濃すぎです。

乗り心地は柔らか目。

次は排気漏れ放題だったマフラー・・・・

外して持ってみたらやたら重い。何故かと思えば

zP1000633.jpg

セメント仕様

叩いて見るとマフラーの中からまで出て来るし・・・・

セメントチューンってあるのだろうか・・・・?

当初はNRマジックのリプレイを購入するつもりで、注文までしたけど

問屋に在庫が無いからとキャンセルになってしまいました。

マフラー無いと走れないしエンジンも、うるさ過ぎてかけれない。

またまたオークションで中古マフラー購入

zP1000634.jpg

ZERO デューク です。

ちょっと太すぎ?と思ったけど付けてみたら

zP1000637.jpg

いい!!良い感じ

見た感じ音が太いかと思いきや、エンジンかけてみると・・・

純正と大差ないかな。^^;; 走り出せば結構、甲高い音。

がしかし!!走らない。音だけで速度上がらね~~~

付属のプーリー9gX3を付けたけど最高速45 (爆

調べて見るとマフラー替えた場合、セッティングが必要なそうだ・・・

zP1000638.jpg

慌ててWRとジェット注文。明日届きます。

品物が届くまでの間、暇なのでギアオイル抜いてみた。

zP1000657.jpg


ギアオイルまでセメントですか?

と思えるような灰色のドロッっとしたものが出てきた。

バイク傾けて抜けるだけ抜いて、新しいオイル注入!

今日はここまで。次回はセってイング編

って上手くできるのだろうか・・・・?









NEXT≫
プロフィール

ko

  • Author:ko
  • 岩手に生息する×1親父
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
カテゴリ
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。