スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロントスプリング&ブレーキパッド交換

さて前回のローダウン続きで今回はフロント部分交換!!

まずは不安定になるのでジャッキなどで支えてあげます。

重みでカウルが割れないようにボディーを支える部分にはウエスや

板など噛ませておくと安心ですね。

フロントフォークはカバー類を外す事無く交換できるようなので

まずはタイヤ外し。

DSCF8064.jpg

フロントフォークを留めるボルトもリアに比べたら全然固くないので

メガネレンチで楽勝です。

DSCF8067.jpg

フォークカバーを剥がそうとしてへし折っちゃいました><

次はスプリングを取り出しますが、構造は以前オーバーホールしたZXと

ほぼ同じだったので、手が3~4本あれば簡単にできます。^^;;

左手でフォークが沈み込まないように握りながら、右手で適当な工具で

押し込めます。

工具(私はT字のレンチを使いました)で押すとリングが見えます。

この状態のままリングを少し捻りながら外してあげるだけでOKなんですが

どうしても手が1本足らない><;

ここで嫁さん登場!!ZXの時も頼んだのですんなりできました。♪♪

DSCF8080.jpg

スプリングを取り外し一応1万キロ走ってる車両なのでフォークオイルを

交換してみます。手前がデイトナスプリング。2cmぐらい短いかな

DSCF8069.jpg

それほど汚れて無いですね^^

DSCF8077.jpg

抜いた分と同じ量を計り入れていきます。

DSCF8078.jpg

2本同じオイル量になるようにフォークを一杯に縮めスケールで計り

調整していきます。説明書には8.9mmと書かれてました。

まあ性格上アバウトでOK!!となるわけですが・・・

後は逆の手順で組み上げて完成。


お次は握るとひっかかりが出てきて調子の悪かったフロントブレーキに

手を付けていきます。

ブレーキパッドを外し中を見てみると・・・

DSCF8068.jpg

汚れが凄い>< これでひっかかりができてたですねー

ブレーキクリナーをぶっかけて綺麗にしていきます。

3本のピストンはブレーキを握る事でニョキッと出てきます。真ん中は

後輪ブレーキを握る事で出てくるのでコンビブレーキ用なんですね~

汚れを綺麗に取ったら、シリコングリスなどでグリスアップをし

ピストンを一杯に押し込んでおきます。それほど固いわけではないので

指でも可能。古いパッドで押し込んでも良い良いかも。

パッドはまだ使えそうだったけどせっかく買ったし交換していきます。

DSCF8102.jpg

今回購入したのはPFP ブレーキパッド

値段も手頃で中々評判が良いみたいなので購入してみました。

一応面取りをし組み付けていきます。

DSCF8101.jpg


注意!!ブレーキを組み付けたら必ず前後ブレーキレバーを重みがでるまで

ニギニギするのを忘れずに!


ピストンが出てないのでスカスカで、あれ~~~っとなっちゃいます。


これで作業完了!!

ローダウンその他で4~5時間かかったでしょうか。急いでやれば

もっと早く可能かもですが、貴重な楽しい整備時間をコーヒー飲みながら

まったりやるのは何とも幸せな気分になります。

できる事ならいつかは趣味専用ガレージが欲しいものですね・・・


DSCF8112.jpg

見た感じは少し下がったかな?って感じ

DSCF8108.jpg

乗ってみると結構ゴツゴツします^^;;

だたノーマルに比べギャップの後の収まりが早いし安定が良いので

乗りにくくなるわけではないですねー

2ケツは思いの他安定してノーマルより運転しやすく感じました。

ブレーキパッドは初め少し鳴きがあります。

もうすぐ寒くて乗れなくなっちゃうのが残念だな~~
スポンサーサイト

フォルッツア ローダウン リア&センスタ交換

最近一気に寒くなりだしましたが、今頃のバイクネタを・・・

2年前に乗り換えたフォルツァですがマフラーまで交換した後に

冬眠。春になったら動きだすぞおおおっと思っていた矢先に

あの震災。。。。

昨年は1度も跨る事無く、仕事も落ち着きだした今月から再始動です!

まず手始めにローダウンから。

どれにするか悩みましたが、2ケツする事も多いので大陸産は除外して

安心のデイトナローダウンキットに決定!!

DSCF8010.jpg

ウェビックさんの創立記念セールで安く購入できました^^


早速取り付け開始!!

まずはリアショックを取り外しにかかりますがフォルツァはカバーを

外さないでできるとの事。簡単ですね♪♪

DSCF8012.jpg

んがっ。。。。下ボルトは外れるが上ボルトは固てええええ

センタースタンドが下りるぐらい力を入れてもびくともしない・・

マフラー側はまだしも、駆動系側は作業スペースが無く苦しい

これはあれだ・・・おもいっきり力を入れて回そうとして工具が

外れて手を角にガーーンッてぶつけて出血するパターンだわ!!

カバー外した方が絶対早いし安心だ・・・

DSCF8015.jpg

外し方はいつものこちらのサイトが丁寧にわかりやすく載せてくれているので助かります。

あとはインパクトでガンッと回して簡単安全ww

DSCF8016.jpg

ショックを外すとタイヤが下まで落ちるので適当に物を噛ませておくと

取り付けの時に楽にできまますよ^^ 

DSCF8019.jpg

カバーを元に戻して完成

DSCF8023.jpg

さて次はサイドスタンド交換。今回は以前からやりたかったサイドスタンドを

下ろすとエンジンが止まる機能を解除していきたいと思います。

まずは再利用のためスプリングを外しアンダーカバーを外し

DSCF8028.jpg

サイドスタンドをとり外し

DSCF8031.jpg

あとは組み治しついでに解除してきますが

ストップ機能解除は簡単にできますが安全機能ですので各自で

サイドスタンドスイッチの解除 などで検索してみるとすぐに見つかると

思いますよ^^

DSCF8035.jpg


次回はフロントスプリング交換&ブレーキパッド交換編

フォルツァ マフラー交換

師走に近づき毎日が慌しくなってきました。

私も稼ぎ時なので半月間無休で頑張らなきゃない・・・

その前に今年最後のバイクネタを書いて、締めくくりたいと思います。

今回購入したのは、ヨシムサイクロンラマフラー

なんとオークションで5000円で落札!(当然中古ですが)

一緒にガスケットも購入

P1010076.jpg

一見綺麗に見えますが、そこは中古訳アリ品

こんな傷があったりします。

P1010080.jpg

見える所ではないので全然OKなのですが問題はフランジ部分

P1010079.jpg

削れてるんですよね・・・・

もちろんオークションには明記されていたので、了解の上での購入ですが

当初は液体ガスケットか加工にて取り付けるつもりでしたが

P1010088.jpg

排気ダダ漏れ爆音

再度外して構造を良く見ると、どうもおかしい・・・

何をどうやっても必ず排気が漏れるようになっている。

ヨシムラ製品がこんなチープな訳が無い。

早速ヨシムラ本社に問い合わせしてみた所、どうもフランジの

構造自体が違うみたいでエキパイだけ新品を送ってもらう事になりました。

んで到着し比べてみると、同じようだけど

P1010094.jpg

固定密着されていなくてはならない部分が全くフリー?

形も全く違う

P1010095.jpg


P1010096.jpg

無理に取った様子も見れないのに、何故???

というか前持ち主はどうやって着けていたのか謎です。

しかしこれでやっと装着する事ができました。

P1010097.jpg

P1010102.jpg

取り付けは仕事の都合で夜間になってしましましたが、そんな時に便利な

物をU君改めJ君がお土産に買ってきてくれました。

これだ!


z08102301_Friday_the_13th_10[1]

おっとJ君の素顔を晒してしましました。

これだ

IMGP0118.jpg

磁石でもぶら下げても使えるLEDライト

IMGP0119.jpg

奥まった作業には抜群に使いやすくて、うれしい便利グッズです。

J君時々気がききます。ありがとう^^



マフラー装着の感想ですが音はやはりノーマルに比べ大きめですが、

トルクが太くなり同じ道で同じように加速し80キロだったのが

90キロになってる感じです。

中々面白くなりましたよ。^^

P1010103.jpg

せっかくマフラー装着したし、乗り回したい所ですがもう12月中旬

路面凍結が始まったので、バッテリーを外しガソリン満タンにして来春まで

冬眠です。。。

IMGP0116.jpg

変わりに冬活躍するホンダのスーパーマッシーンを起動!!

IMGP0120.jpg


冬は、嫌いです。。。。

フォルツァ メーターパネル メンテナンスカバー 交換

少し間が開いてしまいましたが、前回の続きを書いてみます。

前回クリアウィンカー交換のついでに、メーターパネル&

メンテナンスカバーをメッキタイプに交換してみます。

このパーツもウィンカーと一緒に徳豊商事さんにて購入

メーターパネル 2500円。メンテナンスカバー1600円

メーカー品に比べ激安です。

ただやはり輸入品ですので多少のバリなどありますが少し削れば

問題無し。ネジ穴がずれてるというような事はありませんでした。

んでこれがノーマルの状態 ↓

P1010022.jpg

これはこれで上品で良いですが・・・・・・

替えてみたかったんです 汗

後で替えたくなれば叉糞面倒臭いカウルを外さなきゃないし、やるなら

一気にやっちゃえ!てのが本心ですかね。。。

と言う事でメーターを外し

P1010037.jpg

ネジを外しカバーを取ります。

P1010040.jpg

この時トリップなどのボタンについている白い棒が2本外れてきます。

再利用するので大事に保管しておいて下さい。

んでこれが新しく着けるメッキパネル

P1010038.jpg

後は元通りに組み立て、白い棒を2本忘れずに入れて終了。

超かんたんです。

次はメンテナンスカバー

P1010041.jpg

これも後ろのネジを外すだけで即交換できます。

但し一つ注意

P1010044.jpg

メインキー付近に留まってるネジを受ける板状の物(名前わかりません)

これを移植します。と言っても外して着けるだけなんで、簡単♪

あとは組み立て完了

P1010050.jpg

こんな感じになりました。

夜間は光が反射してムーディーですよ~

P1010060.jpg

昼はこんな感じ

P1010068.jpg

まあ運転者しか見ない所なんで自己満足なんですが、中々GOOD!

次回はいよいよマフラーを交換してみたいと思います。

これが叉、大変だったのです・・・・・

フォルツァ LEDクリアウィンカー

今回は以前から気になっていた、ウィンカーをクリアに

してみたいと思います。

当初単純にクリアレンズに交換しようと考えていたけど

調べてみると常時点灯の車種だと、せっかくクリアに替えても

エンジンをかけるとオレンジに点灯してしまう。↓

P1010021.jpg

それでは意味が無い!ウィンカーを点けた時だけオレンジになる

物は無いかと調べると、ちゃんとあるんですね~

しかし値段が3万↑って、、、無理 嫁に怒られる。

ならばいつも利用しているアジア系のパーツに似たような物はないのか?

調べてみると、これもちゃんとあるんですね~~ ^^

徳豊商事さん セットで値段は3分の1以下で済みます。

ただし国産では無いと思うので購入は自己責任でどぞ

注文からすぐに到着。まずは検品

とくに目立つ傷は無いしレンズ、LED、カプラーと組み込み済みなので

ポン着けできますね。

P1010025.jpg


P1010026.jpg

さらにハイフラ防止リレーまでセットになっています。

P1010031.jpg

早速取り付け。今回も こちら のサイトを参考にさせて頂き

カウルを外していきます。相変わらず超面倒臭い。^^;

本来はフロント全部外す必要は無いみたいですが、狭いスペースでの

作業が面倒になったので、外しました。

P1010024.jpg

フロントカウル外しちゃえば、ネジ3本とツメで止まってるだけなので

カプラー繋いで直ぐに作業終了。

P1010030.jpg


純正に比べちょいとツメが小さい。

P1010028.jpg

次はリレー交換。

純正のリレーはフロント(↓の位置にあります。)赤丸

P1010032p.jpg

カプラーを外し付属のリレーと交換するだけ。

P1010033.jpg

あとはフロントカウルを戻し、ライト関係の大きなカプラーを繋ぎ

点灯確認(メーター着けないとエンジンはかかりません)


通常時

P1010035.jpg


ウィンカー点滅

P1010036.jpg


おおおおっ!イメージ通りです

うれしさのあまりこのまま、メーター回りの大きなカプラーを繋ぎげ忘れ

全て組み立て後、エンジン始動せず再度バラしたのは内緒。。。。

と言う事でやっとエンジン始動


P1010047.jpg


糞寒いけどちょいと試乗(寒すぎて50キロ以上出せなかったw)


P1010056.jpg



なんだかフォルツァが、セクシィーになった気がします。



次回は徳豊商事さんで一緒に購入した、パーツ取り付けを書いてみたいと思います。


NEXT≫
プロフィール

ko

  • Author:ko
  • 岩手に生息する×1親父
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
カテゴリ
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。