スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セピアZZ フロントサス交換 ??

前回取り付けたKYBのリアショックが良い感じだったので

本格的にフロントサスを探す事にしました。

んがっ・・・無い 台湾製すら無い・・・・

あるのは中古取り外し品か純正新品だけ。社外品は探せなかった。

基本サスペンションは新品に限ると思っているので必死に探したけど

出てこない。

んじゃ代替は何か無いかと調べるとZXフロントショック移植とか

アドレス100Vの流用ができるとの事。

確かにZXの足周りは良い。乗ってて不安なくコーナーに入れるし

凹凸にも柔軟に対応するので非常に乗りやすい。(OH済み)

しかしZXあるしオリジナルの形を壊したく無かったのでアドレスのショックを

流用する事に決定!!という事で早速オークションで落札。

中古取り外し2000円也

しかし届いてみると・・・1本固着で使い物にならず。(泣

ムカつくのでばらしてOH敢行

P1000862.jpg

スプリングコンプレッサーを使用していますが、本当は必要ありません(爆

使ってみたかったのよね。^^;

スプリングを外しショック部分もバラしてみようとしたが・・・・

(@゜Д゜@;)あら・・・? これ以上できない。

ネットで検索してみたらOH不可。

なんてこったW

ただのゴミを落札しちゃったのね。。。。

何か腹の虫が収まらないので純正も外してばらしてみた。

マイナスドライバー突っ込んでひねり隙間ができたらサイズ17のスパナを

突っ込んで車両本体に留まる部分を回せば、簡単に外れます。

P1000865.jpg

比較!!

P1000866.jpg

ショックはアドレス用が1cm弱短いです

スプリングは、長さも太さもほぼ一緒

バネレートは当然アドレス用が固いのかと思いきや、セピア用の方が固いw

何故じゃ?謎です。

まあアドレス用がヘタっていたのかもしれないし、セピアもこれまでの素性まで

把握して無いから、一概に決め付けられないですが。^^;

セピア純正は1本は抜けがあったけど固着は無かったのでそのまま使用する事に

しました。

しかしそれでは何の意味もない!ので取りあえずアドレス用のスプリングを

塗装してセピア用に組む事で自分を納得させました。

P1000870.jpg

目標は上品な金色wシャンパンメタリックにするつもりが、最後のクリア吹きで

間違ってZX外装塗装に使い余っていたパールホワイト上塗りを思いっきり吹いて

しまった。  ネズミ色になりましたよ。。。

もうついてない時は何をやっても上手く行かない。

やり直す気力も無くなって、ホームセンターに行きスプレー缶を眺めていたら

メッキ風塗装なる物を発見!! 屋外は不可のようだが無視して購入

んでこうなった

P1000872.jpg

確かにメッキぽいけどなんかインチキくせええええぇえ

まあいいや半分ヤケクソになってますw


取りあえず組み付けてみた

P1000874.jpg

装着してみると意外と良い感じだが良く見ると

P1000876.jpg

組み直した時にスプリングをつかんだ軍手の後がクッキリ。


(ノ_-;)ハア…

やり直すには仕事が詰まっていて時間が無いので今回はこれで終了

落ち着いたら赤スプリングの方で再塗装してみます。

取りあえず遠目から見るとリアのKYBの色やグリップとマッチして

統一感が出てきました。

P1000878.jpg


これはセピア用フロントサスペンションに使えるよ!とか、ここなら新品社外品が

買えるよ!という情報がありましたら是非教えて下さい。





スポンサーサイト

セピアZZ クラッチシュー交換

前回クラッチナットを外す工具が合わなくて保留になってしまったので

今回はその続きを・・・

早い所新しいリアサス(中古だけど^^;;)を試したく

てホームセンターや工具専門店を見て回りましたが、34サイズの物は

あっても凄いゴツかったり、値段も3600円とか有り得ません。

これは黙ってネット通販だな・・・と検索してみるとありましたよ

ヒロチー商事さん クラッチナットレンチ 41mm/34mm

 715円 安!! 送料240円(定形外

2日で届きやっとクラッチシュー交換ができます。

クラッチやプーリーを外すのはいつもインパクトを使います。

P1000828.jpg

東北では冬や春に車のタイヤ交換は必須なので、重宝しますよ。

スタンドに出す値段2回分程で買えます。

さて問題のクラッチナットレンチを使ってみました。

値段は安いけど、某メーカーの物よりジャストサイズでGOODです。

P1000851.jpg

外し方は手で押さえて地面にコンコンと叩くだけ。

P1000853.jpg

緩んだら、必ず手で押さえながらクルクル回して外します。

押さえないとセンタースプリングが入ってるので、飛び出します。

無事外れたらついでに掃除&グリスアップをしておきます。

トルクカム掃除のため、さらにばらしていきます。

P1000854.jpg

このカバーを抜くとトルクカムが見えます。

P1000855.jpg

セピアの形状はストレートタイプなんですね~早いわけだ・・

ZX純正はの字だったけど、カスタム用に

ストレートタイプが出てるくらいだから、効果高いんですね。後で買おうw

次はカムの溝に入ってるピンを3つ引き抜きます。

これでほぼ分解できます。

P1000856.jpg

あとはウェスで古いグリスや汚れを綺麗にふき取り

Vベルトがあたる面の固い汚れや段を磨いて綺麗にします。

グリスアップしもと通りに組み上げいよいよ新品クラッチ装着。

(@゜Д゜@;)あら・・・?

P1000827.jpg

赤丸の部分が狭くて途中でひっかかります。( ̄▽ ̄;)!!ガーン

純正同等品を買ったのになんでじゃ!

ええしょうがないからダイヤモンドヤスリなるもので削りましたよ。

30分程 

なんとか装着できました。

P1000857.jpg

P1000859.jpg

分解掃除グリスアップ15分。削り30分 (爆

これでやっと試乗できます。

交換前は、ブーンドンって感じでスタートしていましたが

交換後は ブーン・・・ブーーーーンっと谷間なく振り切ります。

・・・はまだアタリが出てないせいだと思いたい ^^;;

リアサスペンションは元のサスよりかなり良いです。ちょっと固め?っと

感じるぐらいしっかりしていて中古だけどアタリかな。

でもそうなると余計フロントサスが気になり何かないかと物色中

(-ω-;)ウーン


セピアZZ リアサス交換

今回は抜け放題だったリアサスペンションを交換してみます。

しかし古いスクーターのサスペンションって必ず抜けてるよね。^^;;

今回もどのサスが良いかネットで探してみました。

純正品の長さを大きく変えたくなかったので280mm付近を物色してたけど

値段が結構する物ばかり。給料日前の私には手が届きません。

そんな時オークションでKYBのガスタンク着きの純正中古を発見!!

私のセピアの後期型に付いてた物でしょうか?

物は綺麗そうだけど中古だしな~まあ千円だし取りあえず入れとくか・・


ええ、こんな時だけ開始価格で落札ですよ。w

サス千円。送料1200円 (自爆

すぐ届き、磨きあげ綺麗にしました。^^;

P1000836.jpg


と言う事で古いリアサスを外します。(赤丸ネジ外します)

P1000829.jpg


ナンバー横の下側にもネジがあります。

リアスポイラーを留めてるネジは左右は外します。

P1000830.jpg

次にガソリン&オイルを入れる場所を開けリアスポを留めてるネジ2箇所

P1000831.jpg

これでリアスポイラーとサイドカバーが外せます。

P1000833.jpg

さ~て次はどこを外せば良いんだ?としゃがんで見ると。

w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!!

P1000834.jpg

ここから抜いてね♪と言わんばかりの場所にネジが

何と言う親切設計!!

以前セピアの整備は面倒臭いと聞いていたので、どんだけ??と思っていたけど

そんな事は無い。駆動系もキャブも実に整備しやすいと感じます。

変な+ネジが付いてるけどwwこれで整備しにくいなんて

世の中には整備が超面倒臭いポンコツジャイロを掴まされて

悪戦苦闘してる人だっているんだU君に謝れ!と言いたい。

話を戻します。^^;

リアサスを留めてるネジ2本を外すと簡単にサスが抜けてきます。

P1000835.jpg

さすが純正長さが全く一緒です。

P1000846.jpg

汚いし何か歪んでますね。^^;

後は逆の手順で組んでいき完成!!親切設計のお陰で15分で終了。(汗

P1000850.jpg



ジャイロみたいにタイヤ外したり吊るす必要もありませんwww


早速試乗ーー!と行きたい所ですが、磨耗していたクラッチシューの交換も

ついでにするつもりでクラッチ外していました。

まあ工具あるしZXで何回もやってるので直に終わるさ♪と鼻歌まじりで

取り掛かかった。

えっ・・・・・・クラッチナットを外す工具があわねぇぇ

P1000845.jpg



調べたらセピアって34サイズなのね。。。下調べしておくんだった。

と言う事で次回はクラッチシュー交換(爆




セピアZZ ブレーパッド交換

このZZはキャブOHと駆動系交換で本来の性能を取り戻し

鬼のような加速をします。

しかし前にも書いたけどカーブでの挙動がおかしい。

それとブレーキの効きがイマイチ。

ホイールを塗装の時に(後でUPします)ブレーキも点検したらパッドが

激薄

給料日前で高いのは買えないのでオークションで、780円で落札。

P1000814.jpg

左が新品

P1000815.jpg

厚さが・・・・全然違う。この状態で乗り回してたって怖いね。^^;;


まずはキャリパーを外します。

P1000823.jpg

赤丸2つを外しそのままスライドさせディスクから離します


外れたら赤丸部分を動かし黄色丸からパッドを抜きます。
(画像ではもう新品パッドが着いちゃってます^^;)

P1000818.jpg

パッドがはずれたら逆の手順で組み付けますがその前にやる事が

P1000817.jpg

赤丸部分が飛び出してると思うのでここに力を加え画像のように

奥へ押し込んでやります。手だと痛いので古いパッドでも使って

押し込んでやって下さい。

これをやっておかないとディスクが入る隙間が無くて取り付けできなく

なります。

後は元通り組み付けるだけです。一応パッド部分の面取りはしたけど

(おでんの大根のように^^;;)必要なのかはわかりません。w

ブレーキの効きは、まあまあかな。パッドない状態で走るよりは

よっぽど安心できます。

しかしキャリパー汚いなあ。塗装したいけど良い感じの金色が見つからない

以前ZXホイルの補修にタッチペンを買ったら変な金色で使えなかったし

何かないですかねえ?


次回はリアサス交換とクラッチシュウを交換していきたいと思います。





セピアZZ グリップ交換

今回はかなり使い込まれてネバネバした感じだったグリップを

交換してみたいと思います。

しかしセピアの情報をネットで調べてみても中々詳しく出てこない。

ZXだと詳細を分かり易く書いてくれているブログが多くて、整備に

凄く役立ち、沢山参考にさせてもらいした。感謝!!


いつもなら省略してダーーーッと書いちゃうんだけどセピアの場合は

私も誰かの参考になれるように、ちょっと詳しく書いて行きたいと思います。

と言う事でグリップに戻りますが、殆どの凡庸グリップは何故か 

スズキ車不可の表示が出ています。

調べてみるとハンドルの径が違うとかアクセルの部分が特殊などと言う理由

ハンドルが太いならどうしようも無いけど、細いらしい。


んじゃ太くすれば着けれるんだよねP1000789.jpg



と言う事で早速グリップ購入

MAD MAX デラックスグリップセット ショートタイプ ブロンズ&ブルー

貫通タイプ 7/8インチ(22.2mm)ハンドル用。全長120mm

セピア純正ハンドル径約18mm グリップ長150mm

ブルーはZX用(840円)値段の割りには質感が良いです。

ベタベタの純正グリップ

P1000790.jpg


再利用はしないので切り裂きます。

P1000792.jpg

もう後戻りできません。^^;;

ハンドルには汚れやボンドがこびりついてるので、パーツクリナーなどで

綺麗に掃除します。

当初はここにビニールテープでも巻いて太くしようと考えていたけど

両面テープを使っているのサイトを発見!

早速真似てみます。w

P1000793.jpg

約一巻き半ぐらいでしょうか。このままだと途中でくついちゃうので

両面テープとグリップ内部にパーツクリーナーを吹き濡らします。

そして乾く前に一気に挿入。(グリップの話ですよ^^;)

P1000794.jpg

乾く前によれなどを直して終了。後は乾いてくっつくのを待つだけ。

次はアクセル側にとりかかります。

P1000796.jpg

こちらも切り裂き同じ要領でと思ったけど、全く入らない。

このままじゃ作業効率が悪すぎてはかどらないので、アクセルホルダーを

外して加工していきます。

まずはライト部分を外して行きます。

P1000810.jpg

赤丸3箇所のネジを外し、全面ライト下のネジ1箇所も外します。

そうするとカバーがフリーの状態になるので、無理な力は加えないように

優しく上下や前後するとライトカバーが外れます。無理に引っ張ると最悪割れます。

無事ライト部分が外れたら

P1000804.jpg

赤丸二箇所のネジを外すとインナーカバー部分が動くようになります。

次にアクセルホルダーを固定してる部分を外します。赤丸

P1000798.jpg

同じ箇所の下側のネジ(赤丸)も外し、座席側に持ち上げます。

P1000805.jpg

アクセルワイヤーが見えてきました。

P1000799.jpg


ホルダーを矢印方向に動かしワイヤーを緩めてあげると簡単にワイヤーが外れ

ホルダーが抜けます。

P1000800.jpg

このグリップの場合は青丸の部分が邪魔をして全く入らなかったので

削ちゃいます。

手作業でやる気力がなかったのでグラインダー登場w

P1000801.jpg

一瞬で完了(削り過ぎ注意)

P1000802.jpg

これでズッポリ奥まで入ります。(グリップですよ^^;)

このまま入れてもだいちょうぶな感じだったけど、用心のために

余った両面テープを細く切って筋状の間に張って行きます。(画像撮り忘れた

後はさっきと同じ要領でパーツクリーナーを使い一気に入れる!

P1000803.jpg

よれを修正しながら逆の手順で組み上げていきます。

P1000806.jpg


こんな感じに仕上がりました。

P1000808.jpg

P1000812.jpg

グリップの種類によって加工する箇所は違うと思いますが工夫すればきっと

自分好みのグリップが着けれると思いますよ。^^







NEXT≫
プロフィール

ko

  • Author:ko
  • 岩手に生息する×1親父
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
カテゴリ
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。