スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZXパートⅥ

ZXシリーズもついにパート6まで来ちゃいました。

このバイクが来てからすでに1ヶ月半になりますがようやく

問題点が明らかになってきました。(遅

1つ目の問題は低速が無さ過ぎるという事でしたが、社外マフラーを

着けると低速がスカスカになる

という事があるそうです。

しかし私の場合はそれ以前の問題でした。

エンジンの回転数は上がってるのに走らない=駆動系の問題と考え

ウェイトローラーの調整をしてみたりプーリーを純正にしてみたりしましたが

解決さない。クラッチを確認してもクラッチシューは十分に残ってるし

センタースプリングもしくはトルクカムの磨耗?と思いばらしてみた。

zP1000704.jpg

トルクカム
zP1000707.jpg

問題無し。。。。

センタースプリングも特に、へたってる感じはしない。

(-ω-;)ウーンと悩みながらクラッチシューを触ってみたら凹凸がある。

(・_・)......ン? 何で? クラッチアウターも触ってみると、あれ?

zP1000713.jpg

溝がある

さらにアップ

zP1000717.jpg

こういう仕様なの? っといつものバイク屋さんに持って行き聞いてみたが

これじゃあクラッチ滑りまくりでしょー!!

と驚いた様子。「通常の使い方でアウターがこんなになるなんて見た事無い。」

シューが無くなり金属のまま走ったとかじゃなければ考えられない。とのこと・・・

再利用は無理なので純正のクラッチアウターとベルトを注文し帰宅。

シューはオークションでヤマシタ製を落札(左 右は旧純正

zP1000709.jpg

すぐに純正部品も届く
zP1000710.jpg

溝なんかありませんww

zP1000711.jpg

ベルトは1ミリぐらい減っていたので交換

早速取り付け

zP1000712.jpg

取り付けてすぐはアタリがでていないので、イマイチですが乗ってるうちに

どんどん出だしが良くなってきて解決です!!!

っがっ!!再び抱き付き発生。。。

2つ目の大きな問題が残っていました。

普通に走ってるだけなのに何故なのか?燃調は全てやった(つもり

もう一度見直しながら、オイルポンプをついでに外し清掃してみた。

zP1000725.jpg

とくに問題無し・・・・

エンジン側は少し汚れていたので綿棒で掃除

zP1000728.jpg

エア抜きも慎重にやり組み直し、チューブに少し劣化がみられたのでホームセンターで

耐油ホースを購入し交換

zP1000735.jpg

少し良くなったような気がしたがちょっと飛ばすと再び抱き付き。

もう他に見る所は、無い

いや、一つあった  マフラー

凄くお気に入りのマフラーだがバイク屋さんで言われた「純正マフラーが一番良いよ」

の言葉を思い出し、思い切って純正風マフラーを購入してみた。

zP1000733.jpg

KN企画 純正タイプマフラー(メイドイン台湾)

結果・・・・正解でした。(爆

出だし~中速は見違える程の加速をし最高速は純正メーター一杯ぐらいですが

いくら走っても問題の抱き付きは一度も無し。

音はデュークよりは静かですが純正よりは大きい感じ。

やっと完成です。

これでやっと普段の足に使えます。(毎日乗ってます^^;)

デュークはオークション行きかな~と考えながらも、あの形が好きで手放せない。。

一度試しでデューク+強化センタースプリング+強化軽量クラッチ装着して

走ってみたけど高回転で繋がり、鋭い加速で中々楽しめました。

まあ叉抱き付きで停止したので、すぐに戻しましたが。^^;;


(-ω-;)ウーン純正マフラーのあのストローみたいな排気口が嫌だ・・・

なんとかならないものかと、悩みながらZXでコンビニにアイスを買いに行く

日々を送っています。(今年暑すぎだろ!!)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ko

  • Author:ko
  • 岩手に生息する×1親父
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
カテゴリ
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。