スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォルツァ ホットグリップ交換

今回はタンデムの感想などを書こうと思いましたが、出発予定日は雨・・・

寒さも半端じゃなかったので断念し、変わりにオークションで落札し

丁度良く届いたホットグリップ(グリップヒーター)を取り付けてみました。

このフォルツァには当初、前持ち主が着けたであろうスポンジグリップが

ついていましたが、妙に太くて運転し難いしひび割れてるし、ヨレてるしで

すぐにでも交換したくてウズウズしていました。

P1000950.jpg

どのタイプが似合うのか色々物色していたらヤフオクにて

カスタムホットグリップ発見!!これだ!っと速攻購入

届きましたが・・・・

P1000946.jpg

シルバーを購入したつもりがホワイトを購入してしまった。(汗

交換するにも袋やぶいちゃったし・・・シルバーの車体にホワイト

アリかもしれない?と自分に言い聞かせ早速取り付け開始

早速カウル類の外し方ですが、さすが250cc源チャリのようには行きません。

ネットで検索して親切丁寧に紹介されているHP発見

http://tkinfinite.web.fc2.com/forza/old/index.html

すごくわかりやすく書かれています。

スクリーンやフロントフェイスを外し

P1000953.jpg

かなりの数のネジで留められています。

ここで度々ブログに登場するU君からお土産で頂いたアイテム登場

P10009520.jpg


かなり強力な磁石が底に着いていて、蹴飛ばしてもひっくり返しても

外したネジが行方不明にならない優れもの!!

これ本当に良いです。^^ U君 サンキュ

中々外れがたい箇所もありましたが、30分程でメーターまで外せました。

P1000954.jpg

スポンジグリップ再利用はしないので切り裂きハンドルを綺麗に掃除して

付属されてきたボンドを使い、まずは左手部分装着

P1000956.jpg

次はアクセル部分装着

P1000957.jpg

のつもりが、入らない・・・パーツクリーナーで濡れ濡れにしても物理的に

絶対入らない寸法だった。。。。

ええまた削りましたよ。。。

アクセルホルダーは紙やすり。グリップのインナー部分は金ヤスリで

サンダー使えば一瞬だけどホルダーに穴開けちゃいそうだったの自粛

おかげで1時間ゴシゴシゴシゴシ

今度こそ装着完了!!

次は配線ですが、どこから電源取れば良いのか?調べたらアクセサリーの

カプラーから可能との事。

セピアがお嫁に行ったKさんにやり方をメールで教えてもらい、接続したが

通電しない。

どうやら私が+の線じゃない所に繋げてしまったらしい。(爆

しかし替えの端子の手持ちはないし、夜中にやってる店もない。

大人しく付属のカプラーで装着

P1000958.jpg

赤線が正解でした。^^: 最初緑線に繋げてたしw

マイナスはボディーアース接続。

メーターを戻しエンジンかけてグリップが暖かくなる事を確認し配線を

まとめてカウル類を戻し終了

スイッチは取り合えずここで(そのうち移動)

P1000963.jpg

んでこうなりました。

P1000959.jpg

P1000962.jpg


・・・・・・・・・・・微妙

微妙だけどせっかく着けたので試運転!!

夜一時、都合良く?外気温は5℃、顔が裂けるかと思う程寒かった!

んがっ!手はホワ~~ンと暖かい。Hiにすると結構な温度で更に暖かい。

初めてホットグリップ着けてみたけど良い物ですね~

これによく新聞配達の方が着けてたカバーみたいなの着けたら無敵ですな。

フォルツァには絶対着けないけど・・・・ジャイロならアリ・・・

かもしれない。





スポンサーサイト

この記事へのコメント

承認待ちコメント - - 2010年11月02日 06:04:12

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2010年11月03日 04:39:38

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2010年11月04日 03:54:01

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2010年11月05日 03:58:04

このコメントは管理者の承認待ちです

トラックバック

URL :

プロフィール

ko

  • Author:ko
  • 岩手に生息する×1親父
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
カテゴリ
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。